「八丁堀出張マッサージ」で心の底からリラックスしよう!

近年のストレス社会を反映してか、街でマッサージ店やリラクゼーションサロン等を見かけることが増えました。定期的に施術してもらう行きつけの店舗がある、そんな方も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。
ただ、実は昨今、こういった従来の店舗型マッサージに加え、「マッサージ師やセラピストを自宅やホテル等に呼んで施術してもらう」という形態のサービスも人気です。
そう、それが「出張マッサージ」です。
このサービスの最大の特徴は、施術者がマッサージ等を実施できるスペースさえ確保出来ている場所であるならば、自宅やホテルのみならず、会社のオフィス・会議室やイベント会場等でも施術が可能、という点です。
施術される側は自分の好きな場所・都合の良い時間帯に施術者を派遣してもらい、心おきなくリラックスタイムを過ごし、体をほぐしてもらうことが可能となるのです。
店舗型サービスだとどうしても周りが気になってしまい、いまいちリラックス出来ない、店舗に通う時間が取れない、そんな方にこの「出張マッサージ」はまさに「ドンピシャなサービス」と言えるでしょう。

「女湯の刀掛け」は「八丁堀の七不思議」のひとつ

「八丁堀」は東京都中央区にある1丁目から4丁目までの地名です。
このあたりは古く江戸時代の初めにはいくつもの寺が建てられており、寺町としての姿を呈していましたが1635年になると多くの寺に対して浅草への移動が命じられました。
そうして空き地となった寺の跡地に、当時の町奉行配下の与力や同心の組屋敷が置かれるようになりました。
映画やドラマなどの時代劇で同心たちが自分のことをを「八丁堀」と称するようになったのは、こうしたことが成り立ちとなっています。
江戸時代には「八丁堀の七不思議」というものがあり、そのひとつとして「女湯の刀掛け」というものがありました。
このいわれは、八丁堀にあった銭湯がたいへん混雑していたので、その混雑を避けるために男湯ではなく女湯に入る同心がいたことが挙げられます。
また「八丁堀」には忠義の武士たちの物語で有名な赤穂浪士の一人である堀部安兵衛についての石碑が建てられています。
現在では東京駅まで歩いて行ける距離にあることから、職住近接の暮らしを希望するシングルやディンクスの人達に人気のある地域になっています。
また比較的人通りが多く犯罪も少ないので、女性の一人暮らしの場所としても注目されるようになっています。

https://www.tokyo-ravijour.com/chiyuouku/hacchobori/